• ホーム
  • アフィリエイトの種類と収益化

アフィリエイトの種類と収益化

アフィリエイトを始める場合、様々な方法で稼ぐ手段があることに気がつきます。その中でサイトアフィリエイトは、ブログサイトで様々な商品を紹介しながら稼いでいく手法です。ブログ上で有益とされる情報を配信していきますが、その中で広告をクリックされると収益を得るものもありますし、商品を購入したりサービスの利用があれば収益につながるケースも存在しています。
商品を紹介する際はユーザーがサイトに訪れリンクをクリックし商品を購入した場合、購入金額の数パーセントの報酬がもらえます。ASPサービスは様々な企業からの商品を取り扱っていて、アフィリエイトをしている人はここへ登録して商品を選択します。例を挙げるとトレンドとしてAmazonや楽天など物販しているケースもありますが、ここに登録すれば企業からの案件を見ることができます。自分のブログに掲載したいものがあれば、案件に申し込みを行いブログ内で紹介する流れになります。
また運用型広告というものもあり、ユーザーの検索キーワードや性別や地域などを絞ることができます。このターゲットのみに配信対象を絞ることで、効率をよくしながら運用していくスタイルです。他の広告とは少し違い、入札額などを運用していくタイプの方法になります。この手法は6割を占めていて、代表的なものがリスティング広告と言われるものです。
リスティングは表示されている場所や条件なども目的に応じながら配信することができ、検索連動型広告と言われるものがあります。情報を得るために検索エンジンを利用しますが、ユーザーが検索したキーワードに連動したものが表示されるテキスト広告が表示されるようになります。Amazonや楽天などのASPサービスを利用することも有利ですが、リスティングもポピュラーな方法です。物販的な面や種類も豊富で、ユーザーが広告をクリックした時に表示されるトレンドサイトのURLを指定することができます。
費用は広告がクリックされるたびに報酬が発生しますし、キーワード単位で広告出稿ができることもメリットです。検索キーワードに含まれている、ユーザーが関心を持っていることなどを知ることができるので、ターゲットを絞っていくのに有効になります。文字数も限られていますがユーザーが興味をひきつけるような広告メッセージを作る必要があり、ハードルの高さもありますがキーワードで検索していく種類のニーズを考えることもできます。費用を抑えながらの出稿ができるので、色々な商品やサービスの広告として利用することができます。