• ホーム
  • アフィリエイトサイトに効果的なSEO対策

アフィリエイトサイトに効果的なSEO対策

アフィリエイトで稼ぐにはSEO対策を行った上で、サイト自体にユーザーを呼び込む必要があります。その方法で効率的なものは、検索から来てもらうことやSNSから来てもらうことが一般的です。検索から来てもらう対策は、SEOそのもので厳密には広告でユーザーを呼ぶ対策になります。アフィリエイトでは一般的に行われないので、他の方法を採用しています。
収益性を確保するためにアルゴリズムなどの対策をとっていきますが、流入は基本的に収益性が高いと言われます。内部SEOでは検索をする人は能動的に動いていると言えますが、SNSで流入してくる人は受動的に動いているという棲み分けになります。最適化はものを購入するときの行動を考えるとわかりやすいですが、商品を購入する時に商品について検索して調べることもあります。そこで初めは簡単なキーサードを入れて検索していきますが、売る感覚をつかめるようになるまで対策をとることが大切です。
その効果はどのような思考で考えていくかを知ることができますし、学んでいく部分もたくさんあり最適化されていきます。外部SEOではサイトにたどり着いてくれたユーザーへ新しい情報や事実をしていくことで、高倍率がかなり上がっていきます。他のサイトで紹介していないようなことや、新しい切り口の価値を提供する場合です。Googleの検索結果最下部を調べることが、意外と効果的でSEOの観点から見ても期待できます。外部SEOや内部SEOでも、一般的に頻繁に検索されるキーワードで変換しているので、なんとなくキーワードを入力しても修正してくれる機能がついています。
この誘導機能を逆手にとることでSEO対策として有効になるケースもあります。アフィリエイトサイトは基本的にGoogleでマイナス加点となるケースがあり、他のバナーをたくさん設置したりリンクが多いものはリスクが高まります。成功率が高いとされるページのみにアフィリエイトリンクを貼ることで、プレビューが少ないものにはあまり貼らないことが得策です。基本的にはタイトルの初めにキーワードを入れていきますが、SEOの観点から見るとタイトルタグへのキーワードが重要と言われています。
アルゴリズムの中でタイトルの初めであればあるほど効果が高くなり、ユーザーを惹きつける効果も倍増になります。長い期間使うことができる対策で、あまり変動のない対策の一つとしてアフィリエイターからも認知されています。