• ホーム
  • 商品選定と競合のリサーチ

商品選定と競合のリサーチ

パソコンとノートとペン

競合のリサーチをする目的は、現実的に収益を得ることができるテーマかどうかを知るためのものです。さらに稼ぐためにはどのようなサイトを運営するか調査をしていきます。基本的には収益が得られるテーマについて、知ることができ商品の選定にも力を入れます。競合のリサーチはキーワードを基本にしますが、実際にアフィリエイトをする際に関連しているキーワードで検索することができます。テーマを選定してそれに関連するキーワードで検索すると、ランキング上位のサイトが検索エンジンで表示されることがわかります。
SEO対策に特化したブログなどで上位表示されることが基本であれば、そのコンテンツは収益が高く稼いでいるサイトの可能性が高いです。ブログ収益で上位表示されているサイトは稼いでいるサイトという調査がされているので、商品を選ぶ時にも有利となります。ブログで取り組んでいこうとしている初心者の中には、SEO対策にそって取り組もうとするケースもあります。これは自然な流れとなりますが、上位表示されているサイトにはそれなりの理由が存在しているので深く見ていくことが大切です。
リンクやコンテンツに分けられますが、基本的にリンクは無視することができ、コンテンツをピックアップしていきます。リサーチしていく中で自然にテーマの競合の強さを知ることができますし、教育での方向性についても理解ができます。記事の更新頻度がさらに高く、コンテンツの文章量も充実しているときは強いサイトという枠組みに入ります。記事が少なくそれ以上にほとんど更新されていない状態であれば、弱いサイトの枠組みになります。見込み客のリサーチを行う際は徹底的にいきますが、サイトが売れているかどうかはアフィリエイト初心者でも見分けることができます。
その視点でサイトの記事を眺めることで、興味をもったり参考になっている場合はそのサイト自体を参考にしていく価値が十分にあります。コンテンツが参考になっていない場合は、サイト自体も参考にならないので他のものを探すことが必要です。
商品の選定は基本的に自分のブログのジャンルや記事に合わせて選んでいきますが、商品の紹介を含めた上で広告を貼っていきます。記事と商品の関連性があることでさらにユーザー目線で見ると、価値のある商品が広告として目の前にあるので、購買意欲を掻き立てる可能性が出てきます。また、自分のサイトに来てくれている年齢層も気にしながら、それに見合った商品を選別することがポイントです。