格ゲー初心者上達講座

格ゲー初心者上達講座-その3 「コンボ選択と練習方法」

2020年4月10日

格ゲー初心者上達講座-その3「コンボ選択と練習方法」

 

格ゲー初心者上達講座の第3回目です。

前回は攻め方についてでしたが、今回は「コンボ」について考えてみましょう。

 

コンボとは、通常攻撃や必殺技を絡めた連続攻撃です。
相手キャラが攻撃を受けてのけぞっている最中に攻撃を与えることで、連続で攻撃を当てることができます。

コンボと聞いてまず浮かぶのは、ストリートファイターのリュウでしょうか。
しゃがみ中足>波動拳】のコンボは、ストリートファイターをやっている人なら誰しもが一度は練習したと思います。

コンボは格ゲーの醍醐味と言っても過言ではありません。

個人的にはコンボほど努力の成果が表れるものは無いと思っています。

勝つためには難しいコンボが必要と思ったり、コンボに苦手意識がある人もいるかもしれません。

しかし、最低限のポイントだけ覚えてしまえば簡単に勝率を上げることができます

 

今回はコンボをする上で大切なことや、コンボの練習方法について解説していきます。

 

 

コンボのつなぎ方

コンボのつなぎ方

コンボのつなぎ方は、最初の攻撃が相手に当たったのを確認して、次の攻撃を入力します。
最初に振った攻撃の硬直を次の攻撃でキャンセルするようにすると良いでしょう。

攻撃モーションがキャンセルできるタイミングは限られているので、一定時間が過ぎるとキャンセルができなくなります。

入れ込みでも問題ありませんので、ガードされてもリスクが少ない技を仕込んでおきましょう

グラブルVSではボタン連打でコンボができるので、【A連コン>必殺技】のような簡単なものから覚えてみましょう。

 

簡単なコンボから練習

格ゲーは難しいコンボが必須ではありません。
簡単なコンボでもいいので、完走できるコンボを選ぶことが大切です。

コンボを完走することが大切です。(大切なことなので2回言いました

コンボミスをしてしまうと、相手にとって有利な状況になってしまいます。
最悪の場合、攻撃を空振っている硬直に相手の攻撃が確定してしまうかもしれません。

また、途中でコンボを落としていると、中途半端なダメージしか取れません

まずは基礎コンから覚えましょう。
難易度が低く、様々なコンボのベースになります。

「基礎コンなんて温い」と思わずに一度は練習するべきです。
練習していないことを実戦でできるわけがないからです。

 

コンボ後の状況を意識

コンボの状況

ある程度コンボができるようになったら、コンボを繋げた後の状況について確認してみましょう。

コンボ後の相手キャラの状況や残りHPについて考えるだけでも、コンボルートは大きく変わってきます。

コンボの使い分けは難しいことですが、少し意識するだけでも勝率が変わってきます

 

状況重視

相手を画面端に運んだり、相手のダウンを取ることを優先するコンボです。

 

メリット:自分の攻めが継続しやすい

相手を画面端に運ぶことで強力な攻めができたり、ダウンを取ることで安全に起き攻めをすることができます。

攻めにおいて、相手が逃げにくい状況を作るというのは非常に強力な選択肢です。

相手に逆転されるリスクを少しでも減らせるコンボルートや起き攻めを探してみましょう。

 

デメリット:ダメージが低いのでコンボをする回数が増える

ダメージの高いコンボと〆の状況がいいコンボというのは両立しにくいものです。
コンボの難易度が高かったりゲージ効率が悪かったりと、何かしらのデメリットがあるはずです。

既に画面端に相手を追い詰めているのに運びコンをする必要はありませんし、相手が倒し切れるHPなのにダウン状況を重視したコンボをする必要はありません。

 

コンボを覚えるなら、始めは状況重視のコンボから練習することをオススメします

 

ダメージ重視

ゲージなどのリソースを吐いてコンボのダメージを優先するコンボです。

 

メリット:相手を倒すために必要な攻める手数が少なくなる

HPが10,000ある場合、ダメージが3,000のコンボなら4回コンボする必要があります。
しかし、ダメージが4,000のコンボを1回でもすることで、3回のコンボで相手を倒すことができます

一度でも火力の高いコンボを見せておくことで、相手にプレッシャーをかけることもできます。

 

デメリット:コンボをしても有利状況になりにくい

ダメージを優先するあまり、相手がダウンしている時間が短かったり、相手と距離が離れてしまうことがあります。

せっかく差し合いを制してコンボをしているのに、攻防が振り出しに戻ってしまいます。

 

ダメージ重視のコンボは、相手を倒し切れる時などの後半戦に温存しておくと良いでしょう。

 

上記の動画を例にしてみます

1つ目が状況重視のコンボで、小パンでヒット確認しながら足払い〆で有利な状況を作っています
画面端で密着状態を維持できそうなので、足払い〆からジャンプ攻撃で起き攻めをしています。

2つ目がダメージ重視のコンボで、強攻撃を当ててゲージ技で〆ることにより高いダメージを取ろうとしています。
先に有利状況を作っておくことで相手の反撃がケアできているので、ローリスクでダメージ重視のコンボに移行しています。

 

よく使う技のコンボを練習

コンボの始動技

コンボを練習する場合、実戦で頻繁に訪れる場面に対応したコンボを練習すると良いでしょう。

  • 差し合いで通常攻撃が刺さった
  • 画面端で攻撃が当たった
  • 画面端背負いで暴れが通った
  • 相手のジャンプを対空した

上記は、実戦でも頻繁にある状況だと思います。

状況毎に安定してダメージが取れるコンボや、状況が良くなるコンボを調べてみましょう。

 

また、始動技によってコンボのダメージは変動します。
弱攻撃よりも強攻撃で始動したコンボの方がダメージは高くなります

同じ状況でも始動技を変えるだけでリターンやリスクが変わってきます。
確実性を取るのかリターンを求めるかを考えるのも格ゲーの面白さです。

 

コンボの練習方法

コンボの練習方法

コンボの練習は、とにかくトレモに籠るに限ります。

実戦で練習するのはあまりにも漢気があり過ぎますし、コンボミスで連敗したら心が折れます。

トレモなら相手がきちんとダウンするのか、ダメージはどのくらい出ているのかを確認することができます。
コマンド入力の履歴も表示されるので、どこで自分が失敗しているかもすぐにわかります。

 

苦手なコンボは分解して練習

コンボが難しくて完走できない場合は、コンボをパーツ毎に分けて練習してみましょう。

 

上記のツイートは、ジータ実装初日に投稿したコンボです。
全く実戦向きではないので、あくまでも一例として。

レシピは以下の通り

5C > C版レギンレイヴ > 2C > ドライブバースト(最大溜め) > 5C > C版ボーパルブレード > 5C > 大いなる破局
( 5C > 236C > 2C > 5D > 5C > 214C > 5C > 236236D )

一見すると長ったらしいコンボに見えます。
これをパーツ毎に分けた場合、ざっくりと2つに分けることができます。

  • 5C > C版レギンレイヴ > 2C > ドライブバースト(最大溜め) > 5C
  • 5C > C版ボーパルブレード > 5C > 大いなる破局

もちろんもっと細分化しても大丈夫です。

このコンボの難しいところを上げた場合

  • ドライブバースト(最大溜め) > 5C】 5Cのタイミング
  • 5C > 大いなる破局】 コマンド入力(5C > 236236D)

主にこの2つが壁になると思います。

苦手な部分を分けて練習することで少しずつ慣れることができます。

 

練習しても完走できなかった場合は、コンボルートを変えてみましょう。

コンボを妥協することは悪いことではありません

難しいコンボができなくて挫折するくらいなら、安定したコンボを何個か覚えて使い分けた方が勝てます。

 

真面目にコンボを練習する場合は、コンボのレシピをメモしておきましょう。

  • コンボルート
  • ダメージ
  • 使用用途

上記の情報をまとめて置くことで、見返す時に便利です。

 

コンボの探し方

コンボを手探りで探すのも格ゲーの醍醐味の一つです。

もっと効率的にコンボを探したい場合は、YouTubeTwitterを活用してみましょう。

 

YouTubeなら「〇〇 コンボ」で検索すると、コンボをまとめた動画がヒットするはずです。

また、対戦動画を見るのもオススメです。

コンボ以外にも立ち回りなど参考になることが多いので、「動画を見る→トレモで動かしてみる」を繰り返してみましょう。

 

Twitterならハッシュタグを検索することでコンボなどがヒットします。

ハッシュタグはゲーム毎に異なるので、「〇〇(ゲームタイトル) ハッシュタグ」で1度検索してみましょう。

 

まとめ

以上、格ゲー初心者上達講座の第3回でした。

きちんとコンボを選ぶことで、有利な状況を作りやすくなります。
状況毎に求められるコンボは変わってくるので、最適な選択ができるように練習してみましょう。

いきなり難しいコンボから練習する必要はありません。
どんな上手い人でも安定しているコンボを選択します。
自分の力量に合ったコンボを使うことも、勝つためには必要なことです。

コンボを練習するときは、コンボをパーツ毎に分けてみましょう。
どんなに難しいコンボでも、少しずつ練習していけば絶対に完走できます。

世の中には色々なコンボが転がっているので、ある程度慣れてきたらコンボをブラッシュアップしてみましょう。

次回に続きます。

格ゲー初心者上達講座-その4「ガードの方法とガード後の行動」

格ゲー初心者上達講座の第4回目です。 前回は攻めで大切な「コンボ」について書いたので、今回は「ガード」について考えてみましょう。   個人的には攻撃よりも防御の方が難しいと思います。 攻撃は ...

続きを見る

格ゲー初心者上達講座リスト

格ゲー初心者上達講座-その1 「キャラの選び方」
格ゲー初心者上達講座-その2 「攻撃の振り方や攻め方」
格ゲー初心者上達講座-その3 「コンボ選択と練習方法」←ここ
格ゲー初心者上達講座-その4「ガードの方法とガード後の行動」
格ゲー初心者上達講座-その5 「対空攻撃で相手の飛びを落とす」
格ゲー初心者上達講座-その6 「リスクの低い行動を取るメリット」

  • この記事を書いた人

田中

北海道で格ゲーを趣味に生きている田中です。 格ゲーエンジョイ勢を始めて15年が経過しました。 少しでも多くの人が格ゲーに興味をもってもらえたら嬉しいです。

-格ゲー初心者上達講座

Copyright© 格ゲーしか勝たん , 2020 All Rights Reserved.