コラム

【2020年最新】初心者にオススメしたい人気の格ゲー5選!

【2020年最新】初心者にオススメしたい人気の格ゲー5選!

格闘ゲーム(格ゲー)と一口に言っても色々な種類があります。
常に攻防を繰り広げるゲームがあれば、一瞬の読み合いで相手を倒せるゲームもあります。
せっかく格ゲーで遊ぶなら自分の好みと一致したゲームで遊ぶべきです。

近年の格ゲーは初心者でも遊びやすい要素を積極的に取り入れている傾向があります。
ストーリーやチュートリアルの充実、コマンドやコンボの簡略化が進んでいるので、スムーズに上達することができます。

今回は新作格ゲーの中でも、初心者にオススメしたい格ゲーを紹介していきます。
少しでも格ゲーに興味を持っていただき、始めるきっかけになれば幸いです。

初心者にオススメしたい格ゲー紹介

まずはオススメする指標を簡単に解説していきます。
格ゲーを始めるにおいて、以下の点は非常に重要です。

  • 遊んでいるプレイヤー数
  • 発売日
  • ゲームの難しさ

格ゲーに限った話ではありませんが、遊んでいるプレイヤーの数は非常に重要です。
遊び方はや楽しみ方は人それぞれですが、格ゲーのメインコンテンツは対人戦だと思っています。
対戦が発生しないゲームを遊び続けることほどむなしいことはありません。
最新作の格ゲーはプレイヤー数も多いため、マッチングもスムーズに行われます。
SNSからの投稿も活発な傾向があるので、攻略情報が見つけやすく上達しやすいのもポイントです。

格ゲー初心者の場合は、シンプルな格ゲーを選ぶべきです。
格ゲーは対戦をより楽しめるように進化を続けており、作品によって固有のゲームシステムが含まれます。
固有システムがふんだんに盛り込まれている格ゲーも楽しいのですが、慣れるまで難しく感じたり他の格ゲーにノウハウが応用できない可能性があることを頭の片隅に入れておきましょう。

あとは直感で好きだと思ったゲームで遊ぶのが一番良いと思います。
格ゲーは長く遊べるゲームなので、キャラクターや世界観など何か琴線に触れるものがある作品を選びましょう。

ギルティギア ストライブ 【発売前】

タイトル GUILTY GEAR -STRIVE-
(ギルティギア ストライヴ)
発売日 2020年秋以降発売予定
会社 アークシステムワークス
HP https://www.arcsystemworks.jp/guiltygear/

アークシステムワークスの代表作「GUILTY GEAR」シリーズの最新作。
完全新作なのでギルティギアが気になっている人は参戦のチャンスです!

発売前ですが既に対戦動画が上がっているので、イメージトレーニングしておきましょう。
筆者はギルティの経験はほぼありませんが、これを機にギルティデビューするつもりです。

ストリートファイターV チャンピオンエディション

ストリートファイター5
引用元:CAPCOM:STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION 公式サイト

タイトル STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION
(ストリートファイターV チャンピオンエディション)
発売日 2020/2/14
会社 CAPCOM
公式HP http://www.capcom.co.jp/sfv/

世界で最も有名な格ゲーであり、最もプレイヤー数が多い格ゲーです。
スト5自体は2016/2/18に発売されており、アーケードエディション(AE)→チャンピオンエディション(CE)とアップデートを重ねています。
必殺技も有名で、波動拳や昇竜拳は誰しもが一度は耳にしたことがあるはずです。

格ゲー界の中でも、最も王道な格ゲーと言えるでしょう。
パンチとキックの弱・中・強のボタン使い分ける6ボタン式で、シンプルな操作性と奥深さを兼ね備えています。
読み合いやテクニックなど、格ゲーの基礎を全て学ぶことができると言っても過言ではないため、初心者にもオススメです。

基本的に攻めの継続がしにくい格ゲーという印象があり、シンプルな打撃と投げの択を迫り、それが防がれると仕切り直しになります。
攻めが強い格ゲーでは圧倒的な試合展開が多いですが、スト5では1試合に駆け引きが何度も行われています。

スト5は立ち回りと読みが重要な格ゲーです。
技のリーチを把握して有利な間合いをキープしたり、相手の行動を読んだ上での行動ができるようになると、一気に勝利に近づくことができます。
勝敗を分けるポイントが幾度となく訪れるゲームなので、やり込みが最も如実に出る格ゲーだと言えます。

スト5のゲーム性を更に際立たせているのは、「Vトリガー」や「Vスキル」と呼ばれるシステムです。
発動することで攻める能力が格段に上昇するので、対戦の切り札になるシステムです。
それぞれⅠとⅡがあり、キャラクターの個性を更に尖らせた対戦が可能になります。
自分の好きな技を選んだり、対戦相手に合わせて使い分けるといった戦略を取ることができます。

プロゲーマーも多数プレイしており、大会も世界中で開催されている、最も熱い格ゲーだと言えるでしょう。
格ゲーに興味がある人はぜひ一度大会の映像を見て、会場の雰囲気を味わってみてください。

「格ゲーって何を買えばいいかわからない!」という人は、スト5を買っておけば間違いありません

グランブルーファンタジーヴァーサス

グランブルーファンタジーヴァーサス
引用元:グランブルーファンタジー ヴァーサス

タイトル グランブルーファンタジー ヴァーサス
発売日 2020/2/6
会社 Cygames
公式HP https://versus.granbluefantasy.jp/

スマートフォン向けブラウザアプリ「グランブルーファンタジー」が題材となった格ゲーです。
人気格ゲーブランドのアークシステムワークスとの協力により、グラフィックとゲーム性がハイレベルで融合した完成度の高い格ゲーになっています。
題材となっているグラブルの知名度が高いこともあり、注目度の高い格ゲーだと言えるでしょう。

グラブルVSの魅力はなんと言ってもキャラがカッコいい(可愛い)点でしょう。
原作でも人気のキャラ達が参戦しており、適当に動かしたり必殺技を見るだけでもテンションが上がります。
ステージ背景やBGMも馴染みのあるものが用意されており、原作プレイヤーがニヤつくような要素がふんだんに盛り込まれています

格ゲーとしては意外と硬派な格ゲーという印象です。
派手な演出から大味なゲーム性を予想していましたが、蓋を開けてみると技の牽制や読み合いが非常に重要な格ゲーでした。
近年のアシスト攻撃や長いコンボを楽しむ格ゲーとは一転した作品になっており、グラブルキャラが出てくるストリートファイターといった感覚が近いかもしれません。
必殺技の性能は若干強めに設定されているので、ところどころにアークらしさが垣間見える作品となっています。

初心者にもオススメできる格ゲーで、必殺技やガードがワンボタンで発動できます
格ゲー初心者でも手軽にハイレベルな対戦ができますし、上級者でも応用テクニックによりワンランク上の対戦が可能になっています。
もちろん従来の格ゲーのようにレバー入力でも必殺技やガードをすることができます。

グラブルVSが特に初心者にオススメできる理由としては、「RPGモード」がある点です。
原作のように装備を揃えながら、グラブルVSのオリジナルストーリーを楽しむことができます。
戦闘は格ゲー方式を取っており、チュートリアルも兼ねている素晴らしいシステムだと思います。
「格闘ゲームは遊び方がわからない」という声もありますが、グラブルVSでは遊び方に困ることはまずありません。

選べるキャラ数はデフォルトで11体ですが、DLCで「シーズン1 キャラクターパス」が販売されており、今後どんどん新しいキャラが実装されていきます。
本家グラブルの推しキャラや十天衆・十賢者が実装される可能性も十分に考えられるでしょう。

グラブルVSを購入すると、本家グラブルのアイテムと交換できるコードや宝晶石などが貰えます。
ソシャゲプレイヤーからしてみれば、グラブルVSは実質無料なので今すぐ始めましょう。

4月7日(火)「ソリッズ」「ジータ」参戦

4/7にDLCによる追加キャラとして、「ソリッズ」と「ジータ」の参戦が決定しました。
特にジータは参戦を望んでいた声も大きいのではないでしょうか。
追加キャラはまだまだ増えていくそうなので、グラブルVSから目が離せません!

ドラゴンボールファイターズ

ドラゴンボール ファイターズ
引用元:ドラゴンボールファイターズ

タイトル ドラゴンボール ファイターズ
発売日 2018/2/1
会社 バンダイナムコ
公式HP https://dbfz.bn-ent.net/

ジャンプの人気作品「ドラゴンボール」が題材となった格ゲーです。
「ゴボファイ」と略されることもありますが、個人的には「DBFZ」がかっこよくて好き。
この格ゲーの魅力は何と言っても原作の再現性が非常に高いところです。
漫画やアニメでドラゴンボールを見たことがある人には是非とも遊んで欲しい格ゲーです。
筆者も一押しの格ゲーです。

格ゲーとしては、とにかく派手な演出と大味なゲーム性が特徴です。
基本的に格ゲーは1vs1ですが、ドラゴンボールファイターズは3vs3のチームバトルです。
戦闘は1vs1で行われますが、控えのキャラクターによるアシスト攻撃「Zアシスト」が可能になっています。
固有システムも豊富に取り込まれており、相手の背後に瞬間移動する「バニッシュムーブ」や、気を開放しながら相手に急接近できる「超ダッシュ」など、とにかく操作していて楽しい格ゲーです。
気弾の連射や空中戦などドラゴンボールの要素が色濃く反映されています。

格ゲー初心者の視点で見ると、少し覚えることが多くて慣れが必要かもしれません。
しかし、ボタン連打でコンボができたり、簡単なコマンド入力で必殺技が出せるので、覚えてしまえば爽快な戦闘を楽しむことができます。
オリジナルストーリーも用意されているので、飽きることなく楽しむことができます。
ドラゴンボールのゲームは何度も販売されていますが、格ゲーとしての完成度の高さはこのゲームがトップだと断言できます。

2020/2/25にアップデートが行われてDBFZのシーズン3が始まったので、プレイヤー数は多い格ゲーです。
DLCで「ファイターズパス3」の発売もされており、参戦キャラ数は40人以上にもなります。
映画で活躍した「ゴジータ」や「ブロリー」、アニメで活躍した「悟空(身勝手の極意)」や「ジレン」も登場し、更に盛り上がるでしょう。

最初の方で「シンプルな格ゲーを選ぶべき」だと言いましたが、個人的にはDBFZが一番操作していて面白い格ゲーなので紹介させていただきました。

ブレイブルー クロスタッグバトル

ブレイブルー クロスタッグバトル
引用元:BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE

タイトル BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE
(ブレイブルー クロスタッグバトル)
発売日 2018/5/31
会社 アークシステムワークス
公式HP https://www.blazblue.jp/tag/

アークシステムワークスの人気作品を1つに集結させた「BLAZBLUE」シリーズの最新作。
ペルソナシリーズやアンダーナイトインヴァースのキャラに加えて、RWBYや閃乱カグラなどから合計7作品からキャラが参戦しています。
お祭りゲーとも呼ばれていますが、完成度は非常に高く、綺麗にまとまっている格ゲーだと思います。

BBTAGの魅力は何と言っても、色んな作品のキャラを1つの格ゲーで操作できるところです。
別作品の主人公やヒロイン同士でチームを組んで対戦できる格ゲーなんて数えられる程度しかありません。
更に「閃乱カグラ」や「RWBY」のような格ゲーになっていない作品のキャラで格ゲーができるのは、間違いなくBBTAGだけです。

BBTAGでは2vs2のタッグ制が採用されています。
こちらも控えのキャラが「パートナースキル」でサポートしてくれます。
パートナースキルは1キャラ毎に3種類存在するので、攻めや守りの状況に応じて使い分けることができます。
BBTAGではパートナーの扱い方が非常に重要となり、タッグならではの戦略や読み合いが繰り広げられます。

格ゲーとしては、パートナースキルを絡めた攻めが非常に強力な格ゲーになっています。
初心者でもある程度の連携パターンを覚えてしまえば、経験者が相手でも十分に勝ちを狙いにいけます。
操作性もシンプルになっており、ボタン連打でコンボが繋がったり、ボタンの同時推しで強力な攻撃が発動するので、手軽に対戦を楽しむことができます。
公式サイトには初心者向けのページも用意されており、キャラ紹介やゲーム性がわかりやすく解説されています。

参戦するキャラ数は50体以上になっており、タッグなので組み合わせも1000パターン以上存在します。
自分だけのオリジナルチームで強力な連携を生み出してみましょう。

ブレイブルー セントラルフィクション

ブレイブルー セントラルフィクション
引用元:BLAZBLUE CENTRALFICTION 公式サイト

タイトル BLAZBLUE CENTRALFICTION
(ブレイブルー セントラルフィクション)
発売日 2016/10/6
会社 アークシステムワークス
公式HP https://www.blazblue.jp/cf/cs/

アークシステムワークスの人気作品「BLAZBLUE」シリーズの個人的な最新作
公式的にはBBTAGが新作扱いだが、1vs1で遊べるブレイブルーの最新版はこちらになります。
ブレイブルーセントラルフィクションだと長いので、「BBCF」と略されています。

ブレイブルーシリーズの魅力は、先が全く予測できないストーリーモードです。
ブレイブルーは今まで「CT(カラミティ トリガー)」→「CS(コンティニュアム シフト)」→「CP(クロノ ファンタズマ)」→「CF(セントラル フィクション)」と続いてきましたが、それら全てで物語が繋がっている長編ストーリーになります。
声優も有名なところを使用しており、魅力的な世界観に引き込まれること間違いなしです。
BBCFはストーリーの完結編と題されるだけでなく、今までのストーリーを全て振り返ることもできます。

格ゲーとしては、アークの格ゲー入門には最適なゲームだと言えます。
アークの格ゲーでお馴染みの「バースト」「バリアガード」「空中ダッシュ」などのシステムが盛り込まれています。
基本的にアークの格ゲーはキャラパワーが高いので、キャラの長所を押し付けるだけで有利に試合を運べる傾向があります。
しかし、BBCFはゲームバランスがしっかりと調整されており、システムの活用やキャラ対策により、しっかりと読み合いに持っていくことができます。
操作も難しいことを要求される場面は少ないので、格ゲー初心者にもオススメな作品です。

最新作ではないので話題性はあまりないものの、今でも遊んでいるプレイヤーがいる格ゲーです。
ゲームセンターでも現役で稼働しているので、対戦相手にはあまり困らないでしょう。
個人的にはブレイブルーの正統派続編を今でも期待して待っています

まとめ

格ゲーは経験者との実力差や操作の難しさから敬遠されがちなジャンルですが、始めてみるとなかなか面白いゲームです。
今ではインターネットに接続すればオンライン対戦ができるので、気軽に対戦を楽しむことができます。

性質上どうしても明確に勝敗が分かれてしまうので苦手に感じる人もいますが、「勝つためにはどうするか」を思考し続けるのが最高に面白いゲームです。
もちろん友達とワイワイ遊ぶだけでも十分に楽しいので、一緒に誘って遊んでみてください。
格ゲーはやり込めばやり込むだけ面白くなっていくので、まずは自分が楽しいと思える作品を見つけましょう。

  • この記事を書いた人

田中

北海道で格ゲーを趣味に生きている田中です。 格ゲーエンジョイ勢を始めて15年が経過しました。 少しでも多くの人が格ゲーに興味をもってもらえたら嬉しいです。

-コラム

Copyright© 格ゲーしか勝たん , 2020 All Rights Reserved.